FC2ブログ

米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間 - 経済ニュース えこのみん

経済ニュース えこのみん ホーム  »  スポンサー広告 »  経済ニュース »  米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネー運用系のマニュアル、売り上げトップ10

スポンサーサイト

米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間

米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間

朝日新聞デジタル 11月17日(日)5時56分配信

 【藤田知也】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米国が日本にすべての輸入品の関税をなくすよう求めていることが分かった。日本が例外扱いを求めているコメなどの農産品「重要5項目」も、20年以上の猶予期間をつくるなどして撤廃するよう要求。米国の想定外の強硬姿勢に日本政府は反発を強めており、年内妥結は不透明さを増している。

 日本はこれまで、コメと麦、砂糖、牛・豚肉、乳製品の重要5項目を関税撤廃の対象外とし、関税をなくす品目数の割合(貿易自由化率)は最大89%前後とすることを提案。さらに「聖域」を絞り込み、自由化率の引き上げも検討中だ。

 米国とは、2月の首脳会談で「日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品といったセンシティビティー(重要項目)があることを認識する」ことで合意。一定割合の品目については関税を維持できる、とみて交渉を進めてきた。

 しかし交渉関係者によると、米通商代表部(USTR)のフロマン代表は10月下旬、甘利明TPP担当相との電話協議で、全輸入品の関税撤廃を要求。甘利氏は「重要5項目は政権の命運にかかわる」などと応じて拒否したが、米国側はその後も、一部の品目について20年以上の猶予期間を認める考えを示唆しながら、全輸入品の関税撤廃を求め続けているという。

朝日新聞社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000008-asahi-bus_all
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


マネー運用系のマニュアル、売り上げトップ10

米、関税全廃を要求 TPP交渉、重要5項目は猶予期間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。